So-net無料ブログ作成

魅力的な登場人物たち [心に響いた言葉]


『あたし 自分にとって大切な人間だわ』

           L.M.モンゴメリー著 ”可愛いエミリー”より


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大好きな父親が亡くなりひとりぼっちになってしまったエミリーは
母方の親戚のどこかの家に引き取られることになるだろうとお手伝いのエレンに言われ
自分がどこに行くことになるのか心配しています。

「だけど選りごのみなんてできないでしょうね。(中略)
 考えてもごらんなさい、あんたはあまり大切な人間じゃないんだからね」

心ない言葉を平気で言うエレンに、エミリーは冒頭の言葉を返しました。
わずか10歳ほどで ”わたしは自分にとって大切な人間だ” と
自分を理解していない大人に向かってキッパリ言えるとは
何と頼もしいことかと思います。
自分に対する自信と、それを誰にも否定させない強さを持っているのですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8/3の記事でご紹介した茂木健一郎さんの本を読んで
未読だった ”エミリーシリーズ” を読もうと思い立ちました。
そして、すっかり夢中になっています。

私がモンゴメリーの描く物語に魅力を感じるのは
人からなんと言われようと、自分が大切にしているものを決して見失わず
それらを集めて作った自分の世界を持ち、そういう自分の在り方を肯定している…
そういった人が多く登場するからです。
そして、そういう人に私自身が強く憧れているからなんですよね。
素敵だなと思う生き方に物語の中で出逢う度にワクワクするのです(^^)

nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 10

コメント 6

(。・_・。)2k

今度 図書館で探してみます

by (。・_・。)2k (2012-08-07 00:35) 

ともちん

恥ずかしながら、モンゴメリーさんの著書を読んだことがなくて・・・
赤毛のアンは子どもの頃、少し本を開いたような気が・・・位でした。
このタイミングで興味をそそられたということは
今の私にとても必要なのかもしれません。
何だか、とってもワクワクした気持ちになってきました♪
by ともちん (2012-08-07 01:23) 

Sizuku

2kさん、こんにちは♪
いつもありがとうございます^^

この本に興味を持って下さったのでしょうか?
とても嬉しく思うのですが、正直ちょっと驚いています(^^;
これは偏見かもしれませんが
男性にはまどろっこしく感じてしまう描写が多い物語かな?と思うので
正直にその点だけお伝え致しますね(^^)

by Sizuku (2012-08-07 11:58) 

Sizuku

ともちんさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます^^

私もいわゆる名作と呼ばれるような作品はほとんど読まずに大人になっているので
モンゴメリーを読んだことが無いと言われても、驚きませんよ~(^^)b
本も自分にとっての時期がありますよね?
ご縁が無い本はどれだけ有名であっても一生読まずに終わってしまいそうです。

私は小学校の図書室の棚に必ず並んでいた世界名作シリーズに
何故か少しも魅力を感じなかったのです。
なので、ストーリーは知っているけど読んでないという本が沢山あります。
アンも19歳の時に友人に押し売りされて渋々読まなければ
多分今もご縁がなかったかもしれません。(笑)

新しい本との出会いはワクワクしますね(^^)
モンゴメリーに限らず
ともちんさんの心を大きく動かす作品と出逢えますように・・・☆
by Sizuku (2012-08-07 12:11) 

ken

小説を沢山読んでワクワクされることは羨ましいです。
そういえば、最近はハウツー本ばかりで何年も小説は読んでいません!
以前は近くの小さな図書館の本を殆ど読むくらい好きだったのですが・・・(^。^;)

by ken (2012-08-09 20:53) 

Sizuku

Kenさん、こんばんは☆
いつもありがとうございます^^

そうでしたか、小説はもう何年も読んでいないのですね?
読書にも時期によって波がありませんか?
私も近頃は小説を読む頻度、めっきり減りましたよ。
ハウツーものも面白いですものね^^
今はKenさんのところにハウツー本の波が来ているということで(^^)b
by Sizuku (2012-08-09 23:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。