So-net無料ブログ作成

桐島、部活やめるってよ [movies]


いつまでも余韻に浸っていたくて
エンドロールが上がりきるまでTVの前から動けなくなってしまいました。
とは言え、好き嫌いがハッキリ分かれる映画だと思います。
一体何が言いたかった訳?と首をかしげる方もいらっしゃるだろうと思うのです。

そういう私も 随分と変わったタイトルだなぁと思って何気なく息子に話を振ったところ
「やるなら録画しておいて欲しい」と言われたことがきっかけで観た訳なのですが
何の予備知識もなく 特に何も期待せずに観ていたので
不意に宝物を見つけてしまったような衝撃を受けました。
思いがけず、大きく心を揺さぶられてしまったのです。


容姿や性格に助けられ いつも陽のあたる場所にいる人

何をやっても出来る人 

全てを持っているように見える人

人一倍努力をしていても目に見える形ではなかなか結果が出せない人

自分に似た不器用な誰かをそっと見守り切なくなっている人

隅っこに追いやられてしまう人 自らの意志で隅っこに居る人

陽のあたる場所に居る人の近くで少し光を分けてもらっている人

適当に楽しく暮らせればいいと言いながら
実はそんな自分を冷静に見つめていて、自分に言い訳せずにはいられない人

理想と現実のギャップを痛いほど理解しているけれど
それでも好きな事に一心に取り組まずにはいられない人

キラリと光るものを持っているけれど大勢の中では目立たない人

その他大勢の中に埋もれてしまう人・・・ 


当たり前ですが、学校には本当に色々な人がいましたよね?
狭い箱の中で沢山の個性が共に学び、活動していく中で
毎日小さなことから大きな事まで様々な出来事が起きる。
そして、見えていてもいなくても
人の心の中には色々な感情が生じていて
それらが複雑に絡み合って進行していった学校生活。

この映画は
日々少しずつ積み重なり
水面下に存在し続けていた様々な立場の人の想いを
一つの出来事を通して浮き彫りにしていくのです。

それらが繊細かつリアルに描き出されていたので
そうだった!学校ってこういうところだった
そんな気持になったこと、私にもあったなぁ・・等と
男女関係なく様々な登場人物に感情移入してしまい
胸をキューっと掴まれたような痛みを感じる場面が多々ありました。

”見えているものが全てだと思っていたあの頃の自分
だけど本当は見えていないものの方が多かったに違いない”
そんなことも考えさせられました。

この映画のどこに一番心打たれたか・・・
本当はそれが書きたくてたまらないのですが、書けません。
実際にご覧になって感じたことがそれぞれの方にとっての真実であり
それが宝物になる方もいらっしゃると思うからです。


------------------------------------

追記1: 本日(2013年8月28日)19:50~ 
    wowowプライムで『桐島、部活やめるってよ』 が放映されるようです。

追記2: ”通常脚光(スポットライト)を浴びる必要がない人は
    スポットライトの中にいる人よりも、多くの光を発している”
                     ~アラン・コーエン~
     
    
     これは記事をUPした後に届いたメルマガに書いてあった言葉です。
     共時性を感じたので追記いたしました。

------------------------------------
nice!(37)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。